勤労感謝?

久しぶりに長男が遊びに来た

そろそろ結婚するかも知れぬと

そのうちには子も持つかも知れぬと

安心するような

関係ないような

家族も増えれば親族も増える

楽しみにしている人に

そちらはまかせよう

 

仕事から逃げようとふと考える自分がいる

そのための言い訳を作ろうかと思う自分がいる

しかしながら

それはいけない

と、留める自分もいる

新しいことへ向かうのは良い

でもそれはあくまでも自分のことを。

誰かのためのような顔をして

なにかに頼るのはいけない

 

それだけはここ10年で覚えた

弱い自分を見つけたことは

すこしだけ強くなれたということ

そう思いたい

歳をとっていくことは

自分が弱くなっていくことと

対峙して立ち向かっていくこと

きっぱりと

やんわりと

勝ちも負けもないけれど

昨日の自分と明日の自分を両脇に抱えて

出来れば機嫌よくまあ腐らずに進んでいく

進めるところまで

歩ける限り

 

働ければそれはいい

自分は自分と裸になってもいえるまで

もうすこし仕事を羽織ってやっていこう

感謝を込めて

 

来年に向けて

土曜日はラグビー観戦

近くのレベスタトップリーグ二試合

ワールドカップの予行練習で人集めしてたけど

満員には程遠かったな

会場周りへの自家用車乗り入れをほぼ禁止同様にして

地下鉄からシャトルバスや徒歩でにしてみてた

天気に恵まれてみんな気持ち良く歩いてた

 

思うところは色々あるけどそれはまた別のところで

どこかできちんと伝えるべき先に伝えていきたい

 

勝手に印象的なことは

カマキリと車椅子

気づくことや考えさせられたこと

とりあえず動けばなにかにぶつかる

 

f:id:nadeshiko1110:20181118124412j:image

久しぶりに自転車に乗った

カッコつけてママチャリじゃないのを買ってたので

荷物が載せられないのと

目の届かないところに停めたくないのとで

とても用途が狭められてたヤツ

朝ごはん用のパンを買いにお気に入りのパン屋さんへ

気の向く漫画を借りに貸本屋さんまで

パン屋はギリギリ徒歩圏内

貸本屋は歩くのには覚悟が要る距離

(歩くという目的なら行けるけれど)

バス通りをなるべく避けて走る

いつもはのんびりあたりを眺めながらの道を

軽く飛ばしながら風の色だけ見る

車の窓を開けることもすっかり減ったこの頃

風を感じながら進むのはとても心地よい

速度はママチャリとなんら変わらないのだけど

(自転車に申し訳ないくらい)

この軽さはこの子とじゃないと味わえない

寒くなる前にもう少し楽しめるといいな

いちにち

いちにちまるまる休み

何となくのんびり豊かな気分

昨夜から今日で映画3本

愛を読むひと

「ターミナル」

リリーのすべて

ターミナルは以前観てもう一度と思ったけど

あとの2本は何となく題名を聞いてただけで

全くどういうものか知らないまま

 

 

それでもなぜか

そのどれもが繋がっていくような気がした

言葉 読むこと 自分というもの 友だち

ひとを愛すること

生きていくこと

 

出会えてよかった

 

ま、

しようと思ってた仕事は残ってしまったので

明日はそちらに励まねば

 

昨夜から今朝にかけての夢は

いくつかの映画のいくつかのエピソードなみに

色々なひととやり取りをしていた気がする

起きたときにはなるほどなどと思いつつ

しっかり覚えていたようだけど

いちにち経ったらもう消えてしまった

なるほど、と何を考えたのかすら覚えてない

それでいい、かは分からないけれど

そんなもの、だとは納得してしまう

 

出来事はそんなに簡単には消えない

書き記せば思い出すたびによみがえる

なにを残したい?

澄み渡る愛情と

軽やかな友情

そんなものにいつか到達できるだろうか

空白

 仕事の帰り道

貸本屋で会った人との話題に上った映画を

急に観たくなってNetflixで検索

残念ながらそれはなかったのだけど

なんとなく覚えていた題名をみつけて

軽い気持ちで見始めた

ボーッと観ていたのだけど

思いがけない展開に目が離せなくなって

少し重いと感じつつ最後まで観てしまった

心のなかに何もはいれない空白が

そのまま居座るようななんとも言えない感じ

 

まあ、いい

 

お風呂に入って寝よう

どんな夢を見るだろう

なにも見ずにぐっすりと眠りたい

 

おやすみなさい

穏やかな明日がやってきますように

 

肌寒くなりました

いきなり秋が深まっていることに気付かされた

足元と首元が寒い

買うときは生でサラダに入れようと思ったカリフラワー

夜になったらサラダはやめた

f:id:nadeshiko1110:20181026114906j:image

小さめに切った豚肉をカリカリ目に焼いて

コリアンダーとクミンと塩

カリフラワーを入れて

味を絡ませる程度に軽く炒める

青味にルッコラの茎部分

(葉っぱはまた別にして使うよ)

思い付きだったけど美味しかった

気分はホットサラダ

 

今朝のご飯の後はカフェ・オ・レと一口甘いもの

パンにはジャムじゃなくて蜂蜜が欲しくなった

f:id:nadeshiko1110:20181026120034j:image

 

昨日から少しだけ働く気が出て来たのは

冬支度を始める気分だったのかな?

ずっとずっと昔

一体どんな生き物だったのか分からないけど

きっと遺伝子のどこかに

季節を

移ろいを楽しむだけでなく

行きていくための情報として

感じるなにかを持っているんだろうな