名残の夏の夢のように

ライブが終った夜更けにフレンチ

f:id:nadeshiko1110:20170821135250j:plain

アミューズのあとはトリッパそして鴨のコンフィ

泡からボトルの赤ワインへ

僕はこれからお肉食べに行きますが

一緒にいかがですか?から始まった時間

 

f:id:nadeshiko1110:20170821135254j:plain

 

フレンチもバーもカウンターで

店のひととの距離感も心地良く

久しぶりにゆったりとしかし緊張感を持って

ほどけてそして満たされた気がした

 

太鼓は叩くのではなく鳴らすのです

ギターも弾くのではなく鳴らすのです

 

前にも聞いたかもしれない

でもこの日はしゅんと染み込んだ

響いたその音を消さないように

出来ればもっと美しいまま響き続けるように

細心の注意をはらいながら

その弦の上でゆるやかに踊る

 

名残の夏に見た夢のよう

見上げた空に

水に浮かべた小船のような

細い三日月が明るく光っていた

 

 

 

 

 

お盆を迎えて

起きたら二日酔いだった

むりやりもう一度眠ったら

夢の中にあなたがいた

多分いたと思う・・というくらい儚く

起きたら少し泣けた

ちゃん付けで私の名前を呼ぶ

あの頃の声で包まれた気がして

仰向けになったまま涙を流した

もうあの世から帰って来てるところ?

お家に帰る前に早めに出て寄ってくれた?

 

昨夜は学生時代の友人の集まりで

なぜか私が幹事をすることになったので

自分が行きたい店を選んでみんなを連れて行った

どの店も思い出の店

店主と彼の初盆の話をして盃を傾けた

きっとひとりでは二度と来られなかった

おかげでまた飲みに行ける気がする

そしてときおり隣に座っていた彼のことを思い出そう

いや、きっと忘れているときなどないと思うけれど・・

 

歌を歌った

カブトムシは途中から歌えなくなった

やっぱりまだ当分ダメみたい

そのうちまた歌えるようになるんだろうか

淋しさや悲しさがいつか完全に

温かい思い出になるんだろうか

初盆はまだ早い

乾ききらないかさぶたがはがれたような

生々しい痛みをすこしだけ思い出した

それすらも

生きてきた証しだと、幸せなのだと

いつかきっと言えますように・・・

 

 

 


カブトムシ - aiko(フル)

 

弾みがつく

髪を切ろうかどうしようか

ここしばらく迷ってた

気分はベリーショート

しかしながらこれは思い切りが要る

そうだ!

そろそろ彼女が産休から復帰してないか?

 

久しぶりに元に行ってた美容室に電話をしたら

案の定の復活でおまけにこれから入れると

 

やっぱり最後のニュアンスは

好き嫌いとしか言いようがない

もいちど会うかそれきりか

自然に決めてるオトコと同じ

 

切り終わったら気分はスッキリ

動き始めた心に気付く

さ、この勢いでパスポート申請

 

 

決まってることまだなこと

何だか一気に弾みがつく

今日も明日も来月も来年も

とっても楽しみになった

 

言い泥んで・・

書いて気持ちを整理する

自分の言葉を自分できいて

それからやっと会話する

そうだったのよと聞いてもらう

ひとになにかを話すときは過去形が多い

苦労話も自分で笑えるようになってから

大した苦労でもないけどね

渦中にいるときはひとりで耐える

試行錯誤と後悔と

波が引いてからようやく口にできる

 

ときおり

消化できないままのことを

思わず言いたくなって

十中八九失敗する

そう言うときの相手は特別なひと

おもわず期待してしまうような相手

だからこそ

ちょっとしたすれ違いや違和感が

思いがけない混乱をもたらして

どうしていいのか分からなくなる

 

たぶんね

聞いて欲しかっただけだったんだ

もっといえば会う口実が欲しかっただけかもしれない

声が聞きたかっただけなのかもしれない

 

ちょっと弱っているときは

傍にいて抱きしめてほしいから

言い泥んで俯いてたら

ただ名前を呼んでくれればいい

うんってその胸の中で頷くから

こっそり涙を押し付けて

あなたを見上げるころには笑顔に戻っているから

 

ささやかな幸せ

毎日のご飯がおいしいこと

明日を待てる元気があること

自分を養うだけ働けること

 

もっと色々なものを持っている人は

もっと大きな幸せとその分の苦労があるのだろう

このささやかな幸せを

なんという贅沢を言っている!

と、感じる人もいるかもしれない

 

私もいつそう思うかもしれない

 

 

福岡の災害地へ行く人へ荷物を託し見送ってから

着付けの先生のところで夏帯を見て

夕方は南インド料理の会へ出席

自分のなかに

何通りもの今日を感じる

どこを見るべきか、何をすべきか

ふと悩むこともある

 

 

この先どうなるかは分からない

でも自分の毎日の中に不安よりも笑顔がありますように、と願う

ここにいるということ

パソコンの調子が悪くなかなか更新できません

なにかあるとすぐ固まって強制終了しないといけないので

パソコンにとってもかなりの負担なんだろうなあ

金魚すくいのもなかをもしくは紙を貼り替えるような手間を覚えつつ

掬えたり掬えなかったりしつつすこしずついろんなことしてます

優先順位つけるのが毎回大変

ってか用事が一個ずつしかできない(笑)

 

さて

f:id:nadeshiko1110:20170627143650j:plain

日曜・月曜と久しぶりに遊びました

横浜に行ったときに泊めてもらった友人が福岡に遊びにくるというので

うちに一泊お誘いして一泊二日でいろいろ

ちょうど地元で大学の競技ダンスの大会があったのでそれも観戦

自分たちがやってた時とちがって

種目も増えてドレスも着るようになって華やかなこと

同学年の仲間も何人か来てたので楽しくおしゃべり

パートナー「いいなあ・・ドレス着て踊ってみたいよねえ」

リーダー「ははは、見たくないけどね」

友人ふたりの会話、あとで、さり気なく失礼だよね、彼、と爆笑

若いっていいなあ、と単純に思います

あとで動画を見返すと技術的にはいろいろ言えても

いまここであの存在が放っているエネルギーのようなものは

なにものにも代えがたくそれだけで目頭が熱くなるのでした(←年のせい・笑)

 

彼女が来てくれたことで

今まで気になっててそれでもなかなか機会がなくいけなかったところに

いろいろ行ってみることができました

旅行に出るとかなり歩けるのに普段こんなに動けないのは何故?

と思ってたのは単なる気の持ちようね

もしくは時間をきちんと区切ってそれに備え

そのあとの憂いを無くすという準備をしておくことね

旅気分は日常の中でも実現できるのだということを実感

 

それと

誰かが一緒にいると共有しているというその感覚がなにより幸福

ひとりだとどうでもいいこと写真に撮ってSNSにアップしたりしてるよねえ

と、蓮の花をしばし写真に撮った後にふたり何もせずに花を見つつ苦笑

自分がとまるとまわりが動いていることに気づくことができる

風の動きも・・時間の流れさえ見えるようで

そのいまの実感が心地よかったなあ

いまになればなにも考えずにただお濠の道端のベンチや

大濠公園の池を望むベンチで座ってたあの時間が

今回のなかで貴重な時間だったかもしれない

だれかが傍にいてくれるという幸せはそんなことかもしれない

 

f:id:nadeshiko1110:20170627143645j:plain

 

インドに詳しいご夫婦から教えてもらった写真展

題して「渋イケメンの国」

f:id:nadeshiko1110:20170627143636j:plain

 

彼らのなにより「目」が印象的だった

いまここに自分はいるという強烈な意志と存在感

そのなかでいくつか気配を消しているような状況と

遠い彼方にこころを飛ばしているような状況

こんなに目というものはひとの意識と繋がっているのだと感嘆

何日か前にそんな本というか考え方があることを知ったのも影響しているかもだけど

そのまえの晩の彼女の眼差しが思い浮かんでいたのもまた影響しているかも

 

行動がからだをつくるように

言葉が考え方のくせをつくるのか

会話のスタイルというかスタンスはその思考と繋がるのか

キャッチボールするように会話するとはよく言う言い方だけれど

キャッチボールのやりとりのスピードや強さだけでなく

ボールの種類や材質やボールそのものの扱い方や

それぞれの話者がボールを持つ時間の割合

ボールを持っているときにどこを向いているか

相手を意識しているのかボールを意識しているのか

 

ふと

あやとりのような会話もいいなあ・・などと思いついたりして

創造的でちょっと色っぽい気がする(笑)

 

ともあれ

意識と視線は繋がるのだなあ

と、漠然と実感

 

f:id:nadeshiko1110:20170627143640j:plain

お昼ご飯は南インド料理

インドのイケメン→ミールス→蓮の花

なんかつながってるような気がするとふたりであとで笑いました

 

 

前日の夜はワイン屋さんで乾杯

f:id:nadeshiko1110:20170627143811j:plain

お気にいりのワインバルで

f:id:nadeshiko1110:20170627143632j:plain

奥のはなすのなんとかペースト

塩味はアンチョビだけですって

あとオリーブオイルやらナッツやらスパイスやらで・・

あっさりなのに深い味わい

手前の鹿肉のラザニアと好対照でどちらも美味しかった

f:id:nadeshiko1110:20170627143817j:plain

何度きてもワインの知識は聞くだけでぜんぜん増えませんが

リーズナブルなお値段で美味しいのをそれぞれ数種用意してくれてるので

選ぶ楽しみと飲み比べる楽しみもありつつ安心して気楽に飲めます

 

途中、何気なくした質問に丁寧に答えてくれるだけでも嬉しいのに

あとで「一部違ってました~!」とわざわざメッセージを送ってくれる

そんな誠実な人柄のマスターの店です

 

 

ピヨピヨさんのブログに大いに刺激を受けて

まだまだいっぱい書きたいことがありそうな気もするのだけど

今日はこのあたりで・・

 

インプットとアウトプット

ほんとに交互に来るんだなあ

でもちょっと出すともう中身がないカルいヤツです(笑)

 

 

 

 

 

言葉にする

ブログつながりで見つけたブログ

前にもみたことあるような気がするのに

今回は何故だか気になって気になって

ずっと過去記事を辿らせてもらった

なんとなく思ってたこと

漠然と感じてたこと

そんなことが言葉にしてあって

魅かれたわけが分かって納得

たぶん、いま欲しかったもの

だから気になってそして追いかけたんだろうな

 

ダンスの個人レッスン

なんとなくできたりできなかったりしてたことを

はっきり言語化して教えてもらうことによって

できる確率が格段に上がりそうな予感

ピンポイントで教えられるようになったから・・と

ふむ

それは技術の進化と関係の深化だな

悪くない