読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別れ

日曜日にあるはずだったライブがなくなった

月曜日の明けやらぬ時間にメールが入った

20代からの友人のギタリストの訃報だった

夕方メールをくれたベーシストとともに通夜に向かう

土曜日のリハーサルまで普通通り行ったこと

去年の夏からの闘病生活

病人然として現れる彼が演奏を終える頃には頬を紅潮させ

痩せた風貌も相俟って昔みたいに見えたこと

日曜日、当日のリハーサル途中で倒れて救急車で運ばれたこと

そして夜に逝ったという

あれはもうほぼ気分は舞台で倒れたみたいなもんだね

生涯現役、舞台で死にたいって実現させたも同然かな

家族はたまらんかもしれんけどある意味幸せある意味彼らしいよねって

 

 

通夜から帰っても実感が湧かない

お別れをしたはずなのにあれは彼じゃない

いや少なくとも彼はもうあそこには居なかった

そう思えてしまう

ぼんやりとかすみがかかったような時間

昔の写真を何度もみる

思い出を手繰り寄せ手繰り寄せ

楽しかった出来事を反芻する

仕事をする

どこかでふと思い出す

しばし意識が飛ぶ

水曜日何もする気が起こらず

お茶のお稽古もダンスのサークルも休んだ

家の仕事をしてはしばしぼおっとしてた

夕方ようやく泣けた

誰もいない家で声をあげて泣いた

 

 

これからもふと思い出して

その不在に気づいてはすこしずつ泣くのだろう

家族でも恋人でもない

友人と呼ぶのもすこし違う気がする

それでも友人と呼ぶしかないのだけれど

あまりに長いこと知り合いでいたので

すこしだけ身内のようないとこのお兄ちゃんみたいな存在だったかも

 

近しい人との別れはつらい

さりげないほどの存在ほど

その不在の大きさに気づかされたりする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです、マメ子ちゃん

予定のない土曜日

できれば明日を楽しむために少し仕事しておく?ってくらい

涼しくなって着物も着たくなってはいる

着物着て近場にお出かけする?

とかも考えては見ましたが今日はなぜかお掃除気分

おや!これはずいぶん久しぶりのマメ子ちゃん到来でしょうか?

台所のプチ模様替えと物置の掃除

かれこれ3時間ほどなにやかやと動き回り

いつもならそこでもう終わるところ

何故だかその後仕事場にでかけいつもの仕事をすこしと

仕事場のレイアウトをすこし変えてみたりしました

そうそう

もとをただせば秋らしくなってきたのが発端

リビングの模様替えなどしようかな?と思い立ちつつ

それよりももっと必要な部分にそのエネルギーを使ったってわけ

うん!有意義なエネルギー変換だったわ!

 

日が落ちて家路につくころには充実感

いつもの店よりひとまわり大きいショッピングモールに寄って

好物の本屋と文房具コーナーに立ち寄る

久しぶりに買ったクロワッサン

 

クロワッサン 2016年 10/25 号 [雑誌]

クロワッサン 2016年 10/25 号 [雑誌]

 

 30代の頃にはよく買ってたんだけど

そのターゲットの年齢になってからはあまり買わないという

我ながら天邪鬼なヤツです(笑)

でも今回はひさしぶりに美術館特集だったからね

お気に入りの大原美術館も載ってたしね

 

秋が深まる頃にはちょっとした旅にでも出たいなあ

京都や倉敷だったら言うことなし

近場でも旅気分になれるところだったらそれもよし

 

珍しく体を動かしての仕事だったので

こころとからだのどちらも満ち足りて疲れております

なんだか今日はよく眠れそう

すこしずつ体力つけて

すこしずつ身のまわりもきちんと片づけて整えて

思うことを実現できるように目指しましょうね

と自分に呼びかける

マメ子ちゃんまたよろしくね!

 

                                                 

好きなものは好き

f:id:nadeshiko1110:20161009191728j:plain

あらためて思った

好きなものは好き

そうでないものはどうでもいい

(さすがに仕事となるとそうもいかないけど)

だからといって強制や義務になるとガクンと萎える

 

 

好きなものや好きな人に突っ走って(ココロ的にね)

つんのめって倒れて・・という失敗を繰り返し

少しはセーブするようにはなったものの

行動や言動をセーブするだけで心の中はそのままだったりするので

ほかのものが入り込めなくて結果ぼおっといてるだけだったり・・

 

じゃあひとつのもにのめり込みすぎないように

好きなものいっぱいにして分散してバランスとろうよ・・なんて

ちょっと前はそれでよかったけど

段々体力がついていかなくて息切れしたりして・・

 

ああ、めんどくさい

もういいじゃない

好きなものは好き

会いたい人には会う

心が動けば行動する

 

わたしにとって心が向く方向があるように

いろんなひとにもその方向や対象があるわけで

それではその方向がよい反応をするベクトルをもったひとと

いろんな企画や行動を重ねればいいわけだよね

それもまたその時々で変わるわけだろうから

いい意味でいい加減に風任せで

 

まずは自分の仕事をすること

そして自分の心地よいことをすること

なにをブツブツ言っているのって感じだけれど

なんとなく書いておきたくなってね

 

 

 

 

行楽の秋?

お楽しみは約束しておくべきだ

このところ「行けたらね」なんていうとまず行かない

とりあえずはこの日と決めておいた方がいい

そのうえで見事実現すれば幸運なことで

もしだめになってもそのときはそのとき

前日まで中止のお知らせが来ないということは決行のしるし

 

というわけで隣の県まで弾丸ドライブ

(私は有り難いことに楽々助手席♡)

お目当ては美術館

途中で左側にあったから(笑)すこし観光も

f:id:nadeshiko1110:20160924192308j:plain

前に来たのはいつだったかな?

f:id:nadeshiko1110:20160924192313j:plain

久しぶりに見るとすごくいいなあ

f:id:nadeshiko1110:20160924192316j:plain

なんだかね

流れる時間が日常と違う気がする

 

まだ目的地に着く前だというのにこの前にあった店で

外郎を買ってしまった

外郎があるんだもの

あのつかみどころのない優しい味がわりと好きなんです

 

その後山口県立美術館到着

カフェで腹ごしらえ

f:id:nadeshiko1110:20160924192140j:plain

キッシュが思った以上に熱々で口の中やけどした

ひと口目、油断してしまってた(&お腹空いてた)

f:id:nadeshiko1110:20160924192137j:plain

うっかりここでのんびりしそうになる

まだなにも見てないって!

 

でもまあ、常設展のみであったので

そんなに焦ってみるほど多くもなく

おまけにひともまばらでまさに好き勝手に観られるのがよかった

日本画(掛け軸)を畳敷きのスペースからのんびり見られる部屋は

その空間の贅沢さに驚いた

 

美術館は大して多くないのに駐車場はそこそこいっぱいだったよね

と思ってたら帰りがけに謎が解けた

リオオリンピック・パラリンピックのメダル獲得お祝いのパレードが

まさにこれから通るところ

f:id:nadeshiko1110:20160924232739j:plain

まあ、これもなにかのご縁でしょうとしばし待って見てきたよ

石川佳純ちゃん、可愛かったぞ~!(笑)

 

行きと帰りはほとんど聞き役

こんな話あんまりおもしろくないやろうけど・・

いやのせてもらってるからそれくらいは聞き流すよ~他人事やし

と、いい加減なもんですが

まあこのご時世、生き残ってる奴は自分から動いて準備してるよな

と、すこしばかり刺激を受けました

明日からまた仕事頑張ろ!

 

う~ん・・しかし萩の美術館も気になる!(笑)

 

 

秋の訪れ

あまりに雨が降るので仕事に出るのもやめにした

(あっ!火曜日の準備を今日から明日に回したという意味)

すこしばかり家の片づけをして

そうして何がしたくなったかっていうと

着物を引っ張り出してきた

単衣の着物をちょっと試して

やっぱりまだまだ暑いわねと脱いで

でも10月になる頃にはなにか着たいしね・・と

ひとつふたつ試してはハンガーにかけて

う~ん・・小物合わせはまだまだ先の話で

まずは手持ちの帯でどう合わせようと楽しい悩み

 

5月に出来上がってた紬の長着と羽織

f:id:nadeshiko1110:20160918212204j:plain

実は父のアンサンブルだったもの

母が作ってはいたのだけれど一度も袖を通さずに

母の何枚かと一緒に和ダンスに眠っていたもの

 

夫か息子にとも考えたけれど

それよりこの生地の私の着物が欲しい!と

洗い張りして仕立て直ししてもらって

ついでに長着の裏地は単衣の長襦袢に作り直してもらった

(新しい胴裏と八掛をつけたからね)

この秋には絶対これを着てお出かけ~!と意欲満々

f:id:nadeshiko1110:20160918212207j:plain

 

でもまあ着物着るのも慣れてないと体力要りますね

習い始めたお茶に着物で行けるようになるのは

いったいいつごろになるのだろう

それはあなたの心掛け次第でしょ?

秋の訪れとともに自分にちょっとだけ気合を入れてみる

 

夏じまい

7月はあれこれと盛りだくさんで

ひとつきが人生のかなりの分量を占めているかのような感覚だった

8月はそれにくらべると例年通り

姪っ子が来て女の子って可愛いなと思ったことと

大学時代の友人と飲んでいろいろなことをちょっぴり考えたくらい

 

ここ数日はかなり涼しい

縁側から入る風が冷房なしで過ごさせてくれる

昨夜はうっかり寝落ちして気づいたら明け方

もういちどゆっくり寝たらホントにゆっくり寝てしまって昼近くだった

着付けの教室も一旦しばらくお休みにして

仕事もダンスの個人レッスンも入れずに

今日は思いっきりゆっくりする日

しばらく放っておいた鳥かごとその部屋の掃除をして(二男の置き土産)

納戸の荷物を少しだけ確認して

あとは夕食に何つくろうかつらつらと考え事のふりをするくらい

 

昨日は冷蔵庫に少し残っていたゆであずきを片付けるのに

白玉団子を作ってかき氷

洗ってかけていた浴衣、畳んで部屋に置いてはいるものの

もう箪笥になおしてしまおうかな

(と、書いて「なおす」が方言だったことに気づいたよ)

 

ものごとをしまうのなら少し早めの方がいい

名残りの残るそのうちにまたつぎいずれの機会にと

余裕をもって構えたい

なかなかそうもいかないことが

あまりに多すぎることも

自分のなかで十分承知だからこそ

楽しかった夏くらいにはそう微笑んでみようかとも思う

 

また暑さがぶり返したらそんなことも言えなくなるかもだけどね~

 

f:id:nadeshiko1110:20160827173051j:plain

fridayusaoさんの記事にでていた「家なき子

う~んと昔に読んだ記憶があるよね~と納戸を探したら

こんなのが出てきた

なぜに本ではなく紙芝居?

バンビのほうは母に読んでもらったり友達と読んで遊んだ記憶があるけど

家なき子はどうだったかな?

読み返すと昔話並みのシンプルさというか筋書を追うので精一杯の感じ

でもレミと旅芸人の老人がある種の愛情と信頼を交わしていたのは分かった

 

そういえば昔は「あんたは橋の下で拾ってきたんだから」って

何かの折にきいたか言われたかとにかく決まり文句として知ってたなあ

欽ドンのコントかなんかで

子「僕は橋の下から拾われてきた子なの?」

親「うちには拾ってきた子を育てる余裕なんかありません!」

って感じのがあって笑ったのと一緒になんだかその不安が一気に消滅したのは

幸せだったのかそれともそうでもなかったのか

いまになってみるとよく分からない

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月20日 追記

出会いは奇跡的にロマンティック

さらに

再会は確信と意志を伴ってもっと魅惑的

そして

その連続

日常を継続させるそのことこそ

どれだけエネルギッシュにしてエロティックなのだろうか

それは生命の根源を溢れさせつづけるということ

 

いまをいきるとただ言ったりするけれど

その自分の甘さを思い知る

その足跡がどのようなものであっても

せめて足掻いてもがいてでも

とにかく自分の明日へ向かって線を引くような

根気強い繰り返しをひとつずつもっと深く

と、考える

https://www.youtube.com/watch?v=o5FaExKIhj0 

 

 この曲を聴いているとなぜか母のことを想う

で、そんなこと思ったこともないのに

娘というものが欲しくなる(ほんの一瞬だけね)