春の兆し

誕生日が来るころに梅の花が咲いたと思ったら

誕生日の翌日には雪が積もっていた

昔も今もこの時期がいちばん寒い

それでも立春がきて梅が咲いて誕生日が来ると

私の中では春の始まりの気分

 

すこしばかりまじめに通い始めたフィットネスクラブ

いくらか不調だったからだがもとにもどってきた

いろんなこと、当たり前、普通、と思ってたことが

ぜんぜん当たり前でも普通でもなく

有り難いバランスの上に成り立っていたことに気づかされる

これからの年代、自分次第で変わっていくのだなあ

すこしばかり怖いし身が引き締まる思いがする

 

スーパーでスナップエンドウを見つけた

夫の帰りを待つ間に軽く茹でたもので試作品

f:id:nadeshiko1110:20170214000253j:plain

塩だけでもいいのだけど粉チーズと黒胡椒をふりかけ

そうそう、甘口白ワインが残ってたから炭酸で割ってひと口飲みましょ

f:id:nadeshiko1110:20170214000256j:plain

ワサビマヨネーズで和えたら日本酒でもイケるかな

と、ちっさなおちょこでそれもひと口

f:id:nadeshiko1110:20170214000259j:plain

でもね、ニンジンも一緒に食べたいの

リコさんとこで話に出たようにバターと人参の甘み最高

これはやっぱりビールかなあ

 

と、グラスにビールを注いでひと口飲んだところで夫帰宅

豚の生姜焼きと塩サバを追加して夕飯

ちょっぴりのこしたスナップエンドウはまた明日

朝ご飯のひと品にどう料理しようか楽しみ

 

目についた春らしい食材が体に春を運んでくれる

そしてそのエネルギーが春に向けての元気をくれる

人生では半ばすぎを生きていたとしても

このとしの青春をそれなりに感じて味わうのは悪くないよね

 

きっと春はあたらしい出来事を連れてきてくれる

そんな予感がする

意外とイケる

数日前のこと炊飯器の蓋が壊れた

パカンと開くためのバネがどうかなったようで

パカパカになったのだけどまあそれでも使えるし・・と呑気に構えてたら

ちぎれたバネの金属がどこかに挟まって蓋が半分しか開かなくなった

あれ?これじゃ使えないじゃない・・

我が家の炊飯器はガス釜で買ってきても自分でつけるのは怖いし

予備の3合炊きの電気炊飯器は次男が自炊すると持って行ったし

まあ、とりあえず鍋で炊きますか・・と

 

そうそう、昔買って数回使ったキャンプ用のセットに

炊飯用の鍋があったよね

そういえばうちのガステーブルって天ぷら用とか炊飯用とかボタンがあったね

専用炊飯器があるとスイッチ入れるだけで自動で炊けるって?

まあ、いいや

この鍋だとどうなるか実験実験

 

はたして・・・

炊けましたよ

火加減調節してくれてた

炊飯用の鍋なので(キャンプ用)カタカタいっても吹きこぼれないし

これはなかなかいい感じなのではない?

 

 

と言ったあれこれがあって

いまのところ3日間鍋でご飯炊いてます

3合くらいならちょうど問題なく炊けてます

そのうち年に1~2回のガス祭りみたいな売り出しがあるまで待っておこう

もしものために3合炊きの電気炊飯器もいちど買おうかなとも思ったけど

あれって自動でおかゆが炊けるのが気に入ってたのだけれど

よくみるとガス代の炊飯切り替えボタンに「おかゆ」っていうのもあった!

今度これでためしてみよう!

 

なんだか大して負担にもならなかったことに

ちょっと不思議な気がしてる

もともとタイマー機能もないものだし

保温機能はほとんど使ってなかったしね

えっ?これまでが使いこなしてなかったっていうか

大して必要ではないものを持っていたってこと?

もっともこれが息子ふたりもいるときなら

3合じゃ足りなかったかもだし

ガスコンロのひとつを奪われるのも不便だったかも

 

生活が変わると必要なものも変わるのね~

当たり前だけどあまり考えてなかったことを実感した出来事ではありました

 

 

巡らせる

今年もやってきました確定申告の書類作成の時期

これが終わるまでなんだか気が重くてね

でも印刷する日と税理士さんに確認してもらう日は決まってるから

いやでも締め切りはある(2段階なのが助かる)

で、ようやく明日の印刷の用意ができて安心してる夜です(笑)

 

思えばこの週末

この期に及んで時間のばしをしていた私

なんではじめずに台所の掃除をしているわけ?

なんでいつになくお風呂の掃除に時間をかけてるわけ?

なんで今日のこの日に物置の段ボール片づけるわけよ!

自分で自分に突っ込み入れながらなぜかやってました

ブログその他SNSは禁止!我慢!と自分に課したので

それでも逃避したい時は家事やってるふりしてちょっぴり逃げてました

 

でもいいんだ~!

昨日夜中の3時までと今日の23時過ぎくらいまでで終わったもん!

ついでに家の中もちょっぴり綺麗になったしさ

これからこの手で行くとしよう

でも汚れちまった換気扇に手をつける勇気はあるか?

もう逃避気分がなくなったからどうしよう・・

できたら自分にご褒美作戦でいくか?

(逃避でできるほど甘い掃除ではないような気もするし)

 

 

そういえば数日前こんな本を見つけて読んだところでした

これも影響あったんだろうな

 

使いきる。 有元葉子の整理術 衣・食・住・からだ・頭

使いきる。 有元葉子の整理術 衣・食・住・からだ・頭

 

 このところ料理本はほとんど書いませんが

ず~と昔の一時期この有元葉子さんの本を数冊買った覚えがあります

この本に関しても若い頃のようにすべてうんうん!とは思いませんが

いくつかとても刺激を受けました

「いらないものをものをなくしてきれいにしておく」ということ

どの場所もからだの中も頭の中も・・というのになるほど!そうだな!

気にかかることを持ってるよりすぐ片づけてた方が絶対いい(確定申告で経験済み)

気に入らないからやらない、できないではなく

いまある空間を精一杯きれいにしているとつぎのいいものが訪れる・・と

あ~・・そうだよ~

できないんじゃなくてやらないんだよね、大部分は

やればものごとが動いていくんだものね~・・・

 

我が家の中でいちばん無駄のないのは冷蔵庫の中のような気がする

節約生活をしてるっていうのとふたりだから量が読めるってことも大きいけど

ほんとに気持ちよくものが通過していきます

野菜室がときどき空っぽになるのが快感です

そうか~

こういうのを目指せばいいんだよね

 

 

もうすぐ春

新しい季節に向けて気を巡らせるとしよう

短く切った髪ですこし行動的に行こう

焦らず倦まず確実に

新しい明るい日をめざしていくとしよう

 

 

今年こそ

なんとかまともなものを目指そうと

仕事もすこし頑張ってみたりする

今までいかにいい加減だったか

空恐ろしくなったりして・・

の、まえに

まともにやろうとすると際限がなくて

時間が足らない・・・

これをどこで線引きするか

それもまた悩ましいところ

 

うん

いきなりすべてを完璧にはいかないのだわ

できるところから丁寧にやるしかないのよね

今までのさまざまなものにごめんなさいしながら

とりあえず出来る分ずつやる

 

さあ

明日は朝から仕事

おやすみなさい

新年

明けましておめでとうございます

 

f:id:nadeshiko1110:20170105001945j:plain

何はなくても雑煮

今年も雑煮とがめ煮のみ

あとは適当に・・

 

お節ではないけれど

この冬は白菜の漬け物も定番になりつつある

市販のバネ式の漬け物器で白菜一個分づつを数回漬けている

3日くらいで食べ始めて1週間から10日くらいで食べきって

また次のを仕込むということの繰り返し

そんななんちゃって漬け物でも数日のうちには発酵してきて

その自然な酸っぱさがなんだか体に沁み込むのが心地よい

 

年末年始が忙しくてかえって運動不足だったので

昨日あたりからすこしずつ体を動かし始めた

仕事もまじめにしたいしね

からだは資本

無理がきかなくなってきたのですこしずつ

昔よりきちんとコツコツやっていきたいもの

 

憧れる人はどこか端正

背筋が伸びて指先がきれい

そんなイメージがある

芯と末端

心掛けて過ごしてみようかな?

 

あいもかわらずとりとめのない文章ですが

どうぞ今年もよろしくお願いいたします

不在

その場所に行けないのは

そこにあなたがいないから

ふとふりかえるとき

ふと顔をあげるとき

思わずあなたを感じてしまうから

ただ会えないだけならば

想っているそれだけでいい

でもあなたがいたあの場所は

もうあなたがいないことを

わたしのまえに突きつける

だから・・・

もう少し

わたしはあの場所へは行かない

 

ともだちは海のにおい (きみとぼくの本)

ともだちは海のにおい (きみとぼくの本)

 

何気なく出会うもの

ふと手に取るもの

それらはどこかで必要としていたものなのか

 

題名だけは気になっていたものの

それまで読んでなかった本を

ふと読みだして涙する

泣く必要もないのに泣けてしまう

 

手をつないで歩いたり

優しく頭を撫でてもらったり

ふたり並んで海を眺めたり

なんでもないことで笑い転げたり

 

そんなことのできる人のいる幸せと

そんなひとを失う哀しみと

別れと出会いと思い出と希望がごっちゃまぜになって

海を漂ったりもぐったり顔を出したり

そんなことできもしないくせに

そんな気分でいる

 

それでも

すべての出会いに感謝したい