読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僥倖

何度観たか分からない「ローマの休日」を観る

彼女の立場と覚悟が分かるだけに

最初から最後までひとつひとつの言葉が見逃せなくて

彼女のちょっとした表情に涙してしまう

そして思うのは

恋に落ちるのが女だけでなくふたりだということが

そしてこの恋が叶わないものだと覚悟しているのが

それもまたふたりどちらもなのが切なくて

で、それを決めるのは彼女で

そうしなければいけないことが分かっているからこそ

自分の気持ちをつよく押しとどめている彼の気持ちも伝わって

それでも笑顔が美しくて

それでもラストが寂しくて

 

あ~~~~・・・好きなんだ

 

 

「お会いできて良かった」

ごく普通の言葉が

とてもとても一生の愛を込めた言葉になる・・・