瞬き

今気がついた

星はとうになくなっていた

気づかないふりをして

肩を寄せてその光を眺めていたんだ

それでもかまわなかったのは

星が必要なのではなく

寄せ合う肩が欲しかっただけだったから

 

しばらく闇の中を歩こう

ほんとうに輝く星を見つけるまで