読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出ストック

ドリカムの詩に

恋の最初の気持ちを冷凍保存して

要るときに食べられたらいいのに・・みたいなのがあったけど

 

思い出を思い出すときって

その時必要なものを取り出してるような気がする

切なくて甘酸っぱいのやら

柔らかくてのど越しのいいのやら

気持ちよく酔える大人味のなんか

 

 

ふふふ

だからきっと保存食作るみたいに

自分の中でいろいろ加工して覚えてるんだろうな

 

 

ひとくち口に入れる様に

ひととき想いを漂わす