いつか

懐かしく思い出すのだろうか

それとも

忘れてしまうのだろうか