読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名残りの夏の・・

友遠方より来る

女ふたり呑む

f:id:nadeshiko1110:20140827114051j:plain

この日、昼過ぎには凄い雨が降り

夕方にもぱらついていたのだけれど
いちども濡れずにすんでよかったね・・って

f:id:nadeshiko1110:20140827122946j:plain

数日前には

彼女を囲む久しぶりの集まりということで

あと数名多い飲み会をしたのだが

ほんのちょっと多いだけで

会話の内容はどちらを向いていいのかわからなくなり

いっぱい話したようななにも話してないような・・・

かといってこの日もそう話せたわけではないのだけれど
いやいや
遠く離れているわりにはお互いが行き来するたびに会うので
いまさらそうたくさん話す必要もないこともあるし

 

ま、この歳になると
会わなくていいやと思うひととは

会おうという話すらしなくなる

学生時代あれだけたくさんのひとと出会ったわりには

いまも付き合いが続いているのはほんの一握り

なにはなくてもこれだけ会ってるのはそのなかでも
スペシャルな友人ってことだよな

我が家に一晩泊まって朝食を食べて帰っていった
彼女を空港まで送ったあとは仕事だった私に
「(朝食の)片付けはあたしするから支度してきな」
っていう彼女とじゃ、お願いするわっていう私と
悪くない、また会おうっと思ったりする

 

f:id:nadeshiko1110:20140827114055j:plain


なんか夏休みも終わるし

今年の夏も終わるな~・・って感じ