読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事帰り

駐車場から家までの

ほんの数十メートルの道

空を見上げる

f:id:nadeshiko1110:20150107015315j:plain

そのひととき

わたしはただのわたしになる

なにものでもない空っぽのわたし

 

さっきまでの仕事をしていたわたしでもなく

これからたどり着いて家事をするわたしでもなく

ただ空をながめているわたし

 

わたしの中の空にそのときどきに

きままな風や想いが流れ込む

過去や未来やもっと遠くの何かや

自分でもわからないなにものか

それがわたしを涙ぐませたり

ほほえませたりする

 

今年の初もうでは

思いがけない場所で思いがけない人と詣でることになった

見上げると木々の間に月が輝いていて

写真を撮りたくて携帯のカメラを出したけど

なにも写らなかったのでやめにした

 

残せるものなどたかが知れている

書ききれることはそうそうない

 

そんなこと分かっているからこそ

心だけで小さく記憶する

忘れてもいいことを少しだけ想いに残す

 

心細かったときにそばにいてくれたひとに

ありがとうを言う代わりにそっと乾杯

月の傍に小さな星がいることに安心して

さあ、帰ってゆっくり眠るとしましょう

 

 

おやすみなさい