読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙祷

午前中ちょっとした仕事の集まり

会の主催者が黙祷を・・と促した

ああ今日だったな

数日あるこの講座のようなものの

ちょうどこの日にあたったのだな・・

と、漠然と想う

 

急なことをごくさりげなく始めたので

最初は物音があったものの

まもなく自然に音はなくなり思いがけない静けさに包まれる

 

なにかが流れ込む

あたまの先から腕へと流れが起きる

腕は前に伸ばされようとする

手を差し伸べて掬い上げるように手のひらを構えたくなる

 

わたしは生きている

このうごくからだとこころを持っている

いまはいないひとびとの記憶を胸にもったまま

 

誰かの代わりになどなれないし

だれかのためになんて生きていけない

ただ自分の時間を自分の時計で生きるだけ

だけど

忘れない限り覚えていよう

なにかのせいなんかにしてほしくないし

だれかのせいでなにかができたりは決してない

それでも出会ったことすべてが私をつくりあげている

ただその事実だけは淡々と受け容れてまた明日を目指していこう

 

あの差し伸べた腕でなにを掬い上げようとしたのか

なにもわかりはしないけれど

ただそのときには一歩前へ進んでみようとだけは思っている