読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢に流す

過去を水に流すというのは

すべてをなかったことにして許すというわけではないのだ

受けたことは消えないし

消えないことは忘れることはできない

それでも

それは少しずつ形を変え意味を変えていく

 

変わらないねという

なにも知らないあなた

それは可哀想にと

誰も気づかないことに気づくあなた

そうなのだ

わからないことはわからないし

誰よりも見ていてくれたことは確か

それが好きだったことでもあるし嫌いだったことでもある

 

何も変わっていなくてもあの頃のわたしではないのよ

きっとあなたもあの頃のあなたではないように

 

いろんなことが一度にあった一日の後の夢には

いろいろなことが詰め込まれ過ぎて

夜中に押しつぶされそうになって何度か起きてしまった

そうか

遠い昔のあんな想いも

きっとそうやってすこしずつ夢に流していったんだね

 

懐かしさとは少し違う苦い甘さに彩られながら

ときおり川面に姿を見せるちいさな鱗のような記憶