読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポストロフィS 大島弓子を読みたくなるとき

アポストロフィSと聞いてあっ!と思い出した

本棚から数冊を取り出してページをめくる

歌うようなネームと長い睫の登場人物

走り終わったら泣けてきたようなそんな読後感

 

ほら

止まったとたんにさ、汗がふきだしてくるのってあるじゃない?

あんなふうに涙があふれてくるのがいやで

ずっと走っていたわけよ

見ないふりして気づかないふりして

駆け抜けて行ってしまいたかったんだ、たぶん

 

 

淋しいときには さようなら女達

不安なときは バナナブレッドのプディング

 

何度も読んで何度も泣いた

そうして明日の明けるのを待った

 

泣ける場所など探さなくていい

泣きたくなったらただ泣けばいい

そう自分に言い聞かせる

きっとそれくらいだけはつよくなったから

それだけでもたいした進歩じゃない?

 

言葉にならないこと

言葉にできないこと

それもわたしのたいせつなこころのうごき

「出発」の絵をじっとみつめるあの主人公の

まっすぐなひとみに憧れる夜