ともだちは海のにおい (きみとぼくの本)

ともだちは海のにおい (きみとぼくの本)

 

何気なく出会うもの

ふと手に取るもの

それらはどこかで必要としていたものなのか

 

題名だけは気になっていたものの

それまで読んでなかった本を

ふと読みだして涙する

泣く必要もないのに泣けてしまう

 

手をつないで歩いたり

優しく頭を撫でてもらったり

ふたり並んで海を眺めたり

なんでもないことで笑い転げたり

 

そんなことのできる人のいる幸せと

そんなひとを失う哀しみと

別れと出会いと思い出と希望がごっちゃまぜになって

海を漂ったりもぐったり顔を出したり

そんなことできもしないくせに

そんな気分でいる

 

それでも

すべての出会いに感謝したい