読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向き合う、そして歩き出す

そう・・

そろそろきちんと向き合おう

哀しみは哀しみのまま

思い出は思い出として

 

あんなに辛かった出来事も憎しみも

ふときづくと優しい思い出になっていた

愛された日々も確かにあったと

心の中で頷けた自分がいた

 

とはいえ

いっそ愛が憎しみに変わった別れの方が楽だ

優しさのままのフェードアウトは区切りがつけにくい

しかしながら心を覗くと

それも憎しみではなく淋しさだったのかもしれないと思う

 

どちらにせよ

不在を受け入れ

そこにあった存在を確実なものにする

いなくなっても消えはしないのだね

そうだったね

いままでのみんなだって

いつもすこしだけ涙をつれていつでも帰って来てくれる

 

だから

もう怖れずに
さあ

歩きだそう