読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全然分かっちゃいなかった

 

向き合って分かったこと

いかに自分が分かってなかったか

 

メロディーにのせた歌詞のひとつひとつに

ふとした思い出がよみがえる

夜が終わっていく時間のほのかな明るみ

桜の花びらの薫る夜の深い闇

ひとつだけつけたライトに照らされた光と影

街灯の並ぶ街並みのなかの沈黙

歌いながら左を向けば合う視線

振り向けば見送っていてくれたひと

 

なにひとつ生み出す関係ではなくても

それがたとえ片思いであったとしても

と思っていたけど

それがどんな想いであったかは分からなくても

それでも想うだけでなく

たしかに想ってもらってもいたと

今頃になってようやく気付いて

どんな関係であろうとも

かけがえのない縁というものはあるのだと

あらためて彼の不在を悲しむ

ただひとりのひとでも

運命のひとでもなかったけれど

それでも大切で大好きなひとだった

そう今夜は書き記しておきたい

 

誰もいなくなった店の片隅で

彼のギターに合わせて小さな声で歌った何曲かの歌

今になって思えばどれだけ贅沢なひとときだったことか・・・