読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たな気持ちで

3月9日は母の祥月命日

今年は33回忌にあたるので

直前の日曜日ということで今日法事を行った

もうとうに母のいた年月より

母のいない年月の方が長い

それでもどうしてもその割合が腑に落ちないほど

母にもらったものは大きいと年をとるほどに感じる

 

法事とはいえ誰を呼ぶわけでもないので

夫とふたりお寺さんを迎えたのち

夕食は近くの和食の店でちょっとだけゆったり乾杯

何もしてないのに終わった後にほっとしたのは

それなりに緊張して構えていたのかと思う

 

次にもし50回忌ができるとしたら

そのときには母の逝った歳をゆうに越えていることになるのだな

寿命を考えるほどではない年ではあるけれど

なにがあったとしても不思議でもない年頃に差し掛かり

法要を営めるというのは送られたひとの幸福というより

送ったものが守られて幸せをもらっているのかもしれない

などと考えてみたりする

それとも

ひととひととが想いを交わし合い幸福を分け合うように

この世とあの世でもそれは続いているのかもしれないとも思う

 

 

先日買った4月始まりの手帳

選んで白にしたのだけれどちょっと愛想無しだったので

ポケットに思い付きで絵など入れてみる

f:id:nadeshiko1110:20170305233249j:plain

(雑誌「和楽」の付録のカレンダーを切り抜きました)

えへへ、オリジナル感が出てますます気に入って使えそう

気分で入れ替えて楽しめそうです

 

家に持ち帰った仕事は最低限しかはかどらなかったけど

それに付随する片付けや準備はできた気がする

自分の中でひとつひとつ区切りをつけている日々

手帳も3月4月のスケジュールは新旧どちらともに書き込んで

自分のなかで引き継ぎしているところ

そして4月になれば新たな気持ちでスタートできるかな

忘れられないことは忘れなくていい

傷ならばいつか消えるだろうし

大切に胸に刻むのなら残るだろう

そのどちらもわたしをつくってくれることに違いはない