読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街角で

こんなことがあるんだってびっくりした

ゴールデンウィーク半ばのとある飲み会

一次会で帰ろうとしたらまあちょっとだけ・・と言われ

二次会の乾杯だけ付き合ってその場を出た

バス通りに出たものの目測を誤ってバス停一つ逃して歩いた

そしてバス停目前の曲がり角でばったり知り合いに出会った

何年振り?

どうしたんですか?飲みに行きます?

きまり!では時間もったいないからタクシーで移動

・・と音楽の流れる店へ

興が乗れば楽器を演奏したり歌ったりしていい店らしい

お客さんもいる間に1曲、ほかの客がいなくなってから2曲

ん~・・ギターで伴奏してくれるのって嬉しいよな~

しかもかなりの腕前なんですもの

 

そして〆は赤身肉のステーキと赤ワイン

ラーメンにはない美味しさですこと

夜は炭水化物摂りません

朝と夕方で都合8キロくらい歩きます

って・・・

こりゃ、見習うべきだね

夜にたらふく食べてもそのあと1時間走ったら太らないよ

って、昔どこかのブログで読んだことを思い出してしまいました

 

またそのうちね!って別れて

そのうちがいつ来るのかは定かではないけれど

(声かけてもらっていいとはいわれたけどさ)

そのためには歌の練習などしなくちゃと思ったわたし

でもってからだも鍛えなきゃね

 

世の中は不思議に満ちてる

ときどき贈り物のような出会いをもらう

大切にしたいつながりもあれば

その出会えたことだけで力にできるようなことや・・

誰にもらったのか

それを考えてみるだけで

温かくなり

涙が溢れる

 

ギターに付き合って歌った歌が
テネシーワルツ」と「悲しい酒」
(ギター弾いた彼はほぼ同い年なんだけどね、むしろひと学年下)

帰ってからあらためてyou yubeでいろいろ聴いてたら
昭和の懐かしめのうたや美空ひばりさんにハマってしまいました
あの頃は親が観ているのをちぇっ、ドラマの方が観たいのに
とか思いつつ横目で見てたくらいだったんですけどね~
ひばりさんが亡くなった年を越えたの!?ってめちゃびっくりしたりしてました