読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしだけのもの

リコさんのブログを読んでてふと思い出した

 

 

ずっとずっと昔

母が生きていたころ、わたしもほんの子供だったころ

本屋さんからときどき本を配達してもらってたりしてた

定期購読の雑誌だったり

毎月予約配本の新刊本だったり

付録のついた自分の雑誌だったときには嬉しくて

すぐさまそこで開けて読み始めたり付録作り始めたりして

「玄関先で店開きしないで!」って母にたしなめられてた

 

いつどうしてそんなことを言われたのかは覚えてないのだけれど

母の言葉ですごく印象に残ってるのが

「ひとの新しい本を勝手に最初に開かないの!

 この初めて開くときのなんとも言えない匂いが贅沢なんだから」

 

たとえそのうちにはみんなで楽しむものになるとしても

まずはわたしだけのもの

わたしが選んだもの

わたしがもらったもの

わたしへの言葉

わたしの場所

 

そんなこと気にせずに

さっさと手を出してことを進めてくれたり

場を盛り上げてくれたりするひともいるけれど

ちょっと待って(場面によっては余計なことするな)

と言いたいこともたまにあったかな~

 

 

ま、他人の集まる場所ではなかなかそう口には出せないのだけど

 

わたしだけのもの・・があるように

だれか、そのひとだけのもの・・もあること

心のなかで大事にしておきたいと思う