読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出はやがて写真のように

カーステレオから流れる曲に

ふと昔の思い出を溢れさせられた

それは良くある話

ふと気づいたのは同じひと続きのはずの恋なのに

その時々に聞いた曲によって思い出す部分が違う

ああもう完璧に過去のことだよ、もう嫌になったし

もうなんにも思わないというのもあれば(って思い出してはいるけど)

ああ、そんな過去もあったわね

あの頃は楽しかったわねっていうのもあって

えっ!楽しかった部分って楽しかったって思えるんだって驚いた

 

そういえばあれは30代の後半くらいだったか

それまで昔の写真のなかで自分の写り方の気に喰わないものは

なにこれ!恥ずかしい!見たくない!って思ってたのが

ある日ふと見るともうそんなこと気にならず

あら~まあ、こんな時代もあったわね~懐かしいねえって

見知らぬ若い子を見るような視線で見てる自分に驚いたことがあった

 

いつのまにか年月は流れていくのだなあ・・

と、ちょっと感慨深い(笑)

 

 

いつか懐かしい写真を眺めるように

今年のアルバムにもものことがあればいい

別れがあるとしても

いまを生きればいいと思う